静岡県で教育・介護のサービス・人材育成を展開するTAP GROUP(タップグループ)

初任者研修制度について

初任者研修とは

正式には「介護職員初任者研修」という資格で、旧ホームヘルパー2級に相当する資格です。 介護職員に関する資格の中でもっとも基礎的な資格であり、初任者研修の修了者は上位の資格である「実務者研修」の一部が免除されるメリットもあります。  介護福祉分野の求人の条件になっていることも多く、この分野に就職することを考えられている方にはオススメの資格です。

求職者支援訓練とは

雇用保険を受給できない失業者が、早期の再就職を目指してのスキルアップをするために、無料で職業訓練を行い安定した就職に結びつけることを目指すものです。現在では雇用保険受給者も訓練を受講できます。  求職者支援訓練の対象者となるのは、「現在ハローワークで求職中の方」で「就職の意思と能力を持つ方」に対し、「職業訓練を行う必要があるとハローワークが認定した方」になります。  具体的には、「介護の仕事をしたいけれども無資格、未経験」という方にハローワークが認定を行います。

TAP GROUPの初任者研修のメリット

実施回数が多いので参加しやすい

 TAP GROUPでは、初任者研修の求職者支援訓練を毎月開設しています。公共職業訓練では好きなタイミングで受講できません。(参考までに、磐田掛川地区の介護分野の公共職業訓練は、平成26年度は年間2回でした) TAP GROUPの初任者研修を利用すれば、講座を開始するまでの待機期間を大幅に短縮できます。

実習施設が豊富

 実習施設は藤枝、島田、牧之原、御前崎、菊川、掛川、袋井、磐田、浜松に現在101カ所準備しています。自宅近くで実習をおこなうため交通の便もよく、近場の実習先への就職の可能性も高まります。

就職も手厚くサポート

 5年間で550名以上の方が初任者研修を修了され、実際に介護の現場で活躍しています。就職先の相談も随時受け付けており、就職後も講習会・同窓会を通して情報交換が盛んです。

今後の資格取得にも有利

 TAP GROUPでは上位資格の「実務者研修」の講座も開設しています。「介護職員初任者研修」修了後は、介護福祉士取得のための「実務者研修」が割引で受けられます。
PAGETOP
TAPGroup
TAP GROUP
〒436-0079
静岡県掛川市掛川10
TEL 0537(23)2111(代表)

Copyright © TAPGroup All Rights Reserved.