静岡県で教育・介護のサービス・人材育成を展開するTAP GROUP(タップグループ)

指導概要

小学生の指導

対象学年

小学2年生~小学6年生

指導教科

算数・国語(小2~小6)
英語(小5、小6)

指導内容

算数 小2~小6 小学校での履修内容の復習
国語 小2~小4 小学校での履修内容の復習
小5・小6 教科書外の実力問題
英語 小5・小6 アルファベット、ローマ字から中学1年生の1学期までの学習内容

指導の特長

  • アルバイトはいません!プロ教師がみっちり個別指導をします。
  • 解らないところはわかるまで!自分のペースで自立学習ができます。
  • 学校帰りにTAPジュニア!通いやすい授業時間を設定しています。
  • 体調不良や急な用事でも大丈夫!授業日の振り替えができます。
  • TAPの授業前後に、自習室を使って学校の宿題を終わらせることもできます。

お問い合わせ・資料請求・見学申込

中学生の指導

指導教科

英語・数学・理科・社会・国語
(国語は定期テスト対策および中3生の受験対策として指導します。)

指導内容

通常授業(英語・数学・理科・社会)

中学校の授業とほぼ同じ速さで授業形式の指導をします。
テスト直前には徹底したテスト対策を実施し、定期テストでの得点を確実にアップさせます。

定期テスト対策

a.対策テスト
中学校の定期テストを分析し、テスト範囲、難易度を合わせて作成し定期テストの2週間前に実施します。
得点が8割に満たない場合は再試を実施し、定期テストまでに完全に理解させます。
b.対策授業
対策テスト後、テスト当日までの授業では、定期テストで出題頻度の高い問題を徹底演習し、得点力をさらに高めます。

500chuugaku1a500chuugaku1b

講習スケジュール

500chugakutujou5-1

春期講習(3月末)※学年は4月からの新学年です

中1 小学校での学習内容の復習をします。(算数・国語)
中2・中3 L&Tを使用し、前学年までの復習をします。(5教科)

夏期講習(7月末~8月末)

小2~小6 1学期の復習をします。(算数・国語)
中1・中2 1学期までの復習をします。(英語・数学・理科・社会)
中3 第1回学力調査(9月)の対策をします。(5教科)

秋期講習(9月~11月・毎週土曜日)

中3 第2回学力調査(12月)の対策をします。(5教科)

冬期講習(12月末~1月初旬)

中1・中2 学力調査(1月)の対策をします。(英語・数学・理科・社会)
中3 静岡県の公立高校の過去問題を使用し、入試対策をします。(5教科)

入試答案作成練習(1月、2月・毎週土曜日)

中3 TAPが作成した静岡県公立高校の入試予想問題を使用し、入試対策をします。(5教科)

中1 先取り体験プログラム(2月)

小6 中学での学習内容を紹介します。(英語・数学・理科・社会)

入試直前特訓(2月末)

中3 公立高校入試の直前に入試頻出単元の最終確認をします。

個別学習システム L&T(Learning & Training)

学習の流れ

「発見テスト」を解く

L&Tはプリントを使用した個別学習です。
学習する教科が決定したら、教科担当教師との綿密な相談のうえ、生徒ひとりひとりの学力、目標にあわせた学習プランを作成し、そのプランに沿って「発見テスト」を作成します。

弱点のみを徹底対策

「発見テスト」で誤答した問題の類題を「弱点対策テスト」としてコンピュータが作成します。弱点だけを確実に、かつ短時間で克服することができるので、効率的に得点力がアップします。

各単元を完全理解

「発見テスト」と「弱点対策テスト」を完全にクリアしてから、次の「発見テスト」に進みます。すべてのテストをひとつひとつていねいに解き進めていくと、確実に弱点が減っていき、気がつけば学習内容を完全に理解できています。

L&Tの特長

弱点のみを徹底対策 ⇒ 得点力アップへの近道

効率的に得点力アップをはかるには、現在の自分の実力で「解ける問題」と「解けない問題」を明確に区分し、解けない問題を1つずつ着実に克服していく必要があります。
勉強時間が長いわりに得点が振るわない場合、その原因の1つにすでに「解ける問題」を繰り返し解いて、時間を無駄にしていることが挙げられます。
L&Tは「発見テスト」で誤答した問題だけに対して「弱点対策テスト」を作成するシステムですので、確実かつ効率的に弱点を克服することができます。

『理解』から『定着』、『確固たる学力』へ

TAPの通常授業を受講すれば各単元の重要事項のほとんどは理解できます。ただ、「わかった」と「できる」は違うのです。
授業で「理解(インプット)」できたことを、L&Tで徹底的にアウトプットの練習をすることで、学力として確実に「定着」させることができるのです。

多様なニーズに対応 -前学年の復習や学年の枠を超えた学習など-

L&Tで学習できるのは、現在学習中の単元とは限りません。
たとえば、英語が苦手な中学2年生が1年生で学習した文法事項を短期間で集中的に復習したり、中学3年生が受験対策として中1の比例・反比例、中2の1次関数、中3の2乗に比例する関数と、関数のみを横断的に学習するなど、多様な学習目標に対応することができます。

お問い合わせ・資料請求・見学申込

大学受験部

TAPの大学受験部は東進衛星予備校のシステムを導入しています。
東進衛星予備校 掛川駅北口校をご参照ください。
trogo

PAGETOP
TAPGroup
TAP GROUP
〒436-0079
静岡県掛川市掛川10
TEL 0537(23)2111(代表)

Copyright © TAPGroup All Rights Reserved.