掛川・袋井・御前崎・島田・吉田の障がい児童学童保育 | 放課後等デイサービスひまわり

取り組みと想い

放課後等デイサービスひまわりの取り組みと想いについて

「放課後等デイサービスひまわり」では、心身に障がいを持つ小学1年生から高校3年生(特例で20歳)までのお子様が、健常児と同じように自分らしく生き生きと生活できるよう、また僅かな時間であってもそのご家族の方々のご負担が軽減できるように職員が支援をさせて頂いております。

具体的には、知的精神障がいのあるお子様を特別支援学級・特別支援学校の授業が終わるのを待ってお迎えに行き、「ひまわり」で学習やパソコン・レクリエーション・課外活動等をしながら過ごし、夕方各ご家庭までお送りします。祝祭日のある週には土曜営業日を設定し、朝9時から夕方5時までお子様をお預かりしております。

「ひまわり」の一日は明るく大きなあいさつから始まります。日々、落ち着いて席に着くという習慣付けと、学校の宿題やお子様一人ひとりに適した教材を使っての個別学習を通して学校教育の補完的役割、本人の特性を伸ばすためのパソコン支援も行っております。

「ひまわり」内でのレクリエーションや屋外での遊びを通して、他のお子様との関わり方、社会性を身に付けることも学びます。帰宅時には“帰りの会”を開き、職員も含め一人ひとりが一日の感想を話し、自分を表現する習慣付けを行っております。2018年9月からST(言語聴覚士)による言語療法も開始致しました。

お子様の中には自閉症スペクトラム症候群など、特に重い障がいを持つ方々もいらっしゃいます。自分の眼を指で激しく突いたり肌を掻きむしったりする自傷行為、あるいはコミュニケーション能力の欠如、運動能力の未発達、ご自身の五感による特定の方に対する甘えや他傷行為、また、こだわり行動など、その症状は多岐にわたります。しかし、それは健常児の性格と同じように、障がいを持つ方々の“害”ではなく“個性”なのだと私どもは考えております。

「ひまわり」では、2016年2月に「重症心身障がい児対応放課後等デイサービスひまわり」吉田南校と掛川駅西校を、2017年3月には袋井駅前校、2019年3月には小笠校を立ち上げ、看護士・保育士・機能訓練担当職員を配し肢体不自由児、脳性麻痺による知能低下や呼吸困難なお子様も受け入れております。

自閉症児にしても重症心身障がい児にしても誰もそれを望んでこの世に生を受けた訳ではありません。ややもすれば世間一般では受け入れ難い状況に陥り易く、ご家族の方々にとって計り知れない心労に繋がるのではと推測します。しかし、どんな重い障がいを抱えていてもその人らしく生き、人生を楽しむことができる権利があります。

「ひまわり」では、どんな重い障がいを持つお子様でも受け入れ、“個性”を見極めて受容し、ご家族の方々と連携しながら一人ひとりに合った生活を模索します。

また、2018年7月1日には「就労準備型放課後等デイサービスひまわりJOB」掛川駅前校を開校し高校卒業後の一般就労を視野にコミュニケーションやビジネスマナー、パソコンスキル、軽作業等、就労に向けた実践的なトレーニングを行っております。2019年12月1日にはJOB磐田駅前校開校を予定しております。

2018年9月1日に相談支援事業所「未来サポート」、2019年8月1日には「輝きサポート」を開設しました。相談支援事業所では、障がい福祉に関する様々な内容について、障がいのある方やご家族からの相談に応じ、情報提供や助言を行うとともに市町及び障害福祉サービス事業所等関係機関との連絡調整などを行います。

「ひまわり」ではお子様の笑顔が見られるよう、また、この世に生を受けて良かったと思われるよう、支援の幅を広げ、引き続き全力でサポートしてまいります。


お問い合わせ・資料請求・見学申込

news

関連リンク

  • TAP GROUP
PAGETOP
タップ株式会社
タップ株式会社
〒436-0079
静岡県掛川市掛川10
TEL 0537(23)2111(代表)

Copyright © タップ株式会社 All Rights Reserved.