今日はお天気も良く、暖かく、いよいよ春めいてきましたねおてんき
 昨日、現在『初任者研修科』を勉強している生徒さん達は磐田市内の『特養』と『老健』に施設見学に行って来ました。
 ここで豆知識
特養とは・・・特別養護老人ホーム。65歳以上の高齢者で自宅での介護が困難な人が入所し生活する施設。要介護度に応じて食事・排泄・入浴等日常的な生活介助の他レクリエーションや生活訓練等を受ける。
入所者の重度化が進む中で24時間体制の看護・医療・介護の整備・強化によるターミナルケアのシステムも整いつつある。

老健とは・・・介護老人保健施設。病院に入院する必要はないがリハビリや看護・介護が必要な高齢者が入所する施設。「特養」との大きな違いは家庭復帰を目指している点、入所期間は原則3カ月程度。
実際は「特養」の空きが出るまでの代替え施設として使われているケースもある。多くの施設が「デイケア」「ショートステイ」も行っている。

 
 どちらも大変興味深く、身内等が入所していて他施設を見学した事のある生徒さんもそうでない生徒さんも、自身の『職場』として新しい角度から見られた様です。これを機会に更に介護職への知識を深められる事を願いますチューリップ

Follow me!